キッズスマホの仕事はお子様の安全を守ること

今や持つのが普通?キッズスマホを持たせる親の心理

ロゴ

子供は必ず欲しがる

友達がゲーム機を持っていれば、仲間外れにされたくないとお子様も欲しがるものです。これはキッズスマホも対象となります。

子供に持たせたいスマホの特徴5選

no.1

節約ママお墨付きの格安スマホ

キッズスマホを持たせる時ふと頭に浮かぶのは、大手キャリアのキッズスマホです。しかし、月額料が高いため節約意識の高いママさんには向いていません。家計を圧迫せず安心して持たせられるのは格安スマホです。この場合、一万円と非常に安い料金から購入できます。もっとお得に使うなら、昔使用していた親御さんのスマホに格安SIMを差し込むのがベストでしょう。端末機の購入費用が浮きますし、利用料金もかなり落とせます。

no.2

園児も簡単操作が可能なキッズスマホ

自社開発されたキッズスマホは利用者目線で作られていることが多いため、子供も簡単に操作が可能です。また操作が苦手な大人の方も使いこなせるためとても人気があります。

no.3

安心の見守り機能搭載のスマホ

一人で登下校をする場合、あると安心なのが見守り機能です。今後習い事を始めさせる際に不可欠でしょう。子供がいる位置は親御さんのスマホへ無事通知されるので絶対につけたい機能です。

no.4

高額請求を阻止できるキッズスマホ

魅力的なゲームが満載のスマホは子供にとっては宝の宝庫です。そのため、インストールをしたり課金したりする可能性があります。親御さんへリクエストするシステムなら、課金トラブルに見舞われることはないでしょう。

no.5

スマホ依存症から子供を守る!

幼稚園児ごろからスマホを与えているとそればかりに夢中になるため、教育上よろしくありません。防犯のために持たせたキッズスマホでも、利用時間を長引かせるのは極力避けたいでしょう。最新のキッズスマホは利用時間を30分、1時間と設定できるためいじりすぎを阻止できます。

キッズスマホの仕事はお子様の安全を守ること

女の子

キッズスマホを持たせた方がいい理由

共働きの場合、子供をお家に一人でお留守番させることが多いため、連絡が取りやすいようキッズスマホを持たせるご家庭もあります。さらに小学生へ上がれば習い事や塾にいくこともあるでしょう。送迎が必要であれば、連絡手段としてキッズスマホを活用します。

防犯性をさらに高めるには?

海外に比べて日本の治安はまだいい方ですが、小さい子を狙った事件を目の当たりにすると、日本は安全な国と大きな声ではいえません。キッズスマホを持たせるとしても、防犯ブザーのついた端末購入がおすすめでしょう。これがあれば、不審者に出くわした時や連れ去られる危険がなくなります。

スマホを持たせる時の注意点

  • 学園に合わせたスマホ選びをする
  • SNSを使う場合はルールを決める
  • キッズスマホは定期的にチェックする

広告募集中